ショックマスター

主な特徴

POINT1

全身の筋・腱の治療に有効

首から足底まで、ショックマスターの治療部位は全身の筋・腱の治療に有効です。ショックマスターによる圧力波治療法は外科的手術が必要とされた患者様へのもう一つの新しい選択肢となっています。

 POINT2

圧力波の原理

コンプレッサーにより発生させた圧縮空気をパルス状に開放させ、ピストンが衝撃体にぶつかることで圧力波を生み出しています。

 

 POINT3

治療プロトコルを搭載

治療部位に対しての具体的なショット数、出力強度、周波数などを画面を見ながら使用できます。

 

3ステップの基本治療(1)
振動による全体刺激

3ステップの基本治療(1)<br>振動による全体刺激

Vアクターによる振動で全体をならします。
【 代謝活性の刺激 】
【 リラクゼーション 】
【 微小循環の改善 】

3ステップの基本治療(2)
圧力波 × 振動による周辺刺激

3ステップの基本治療(2)<br>圧力波 × 振動による周辺刺激

Dアクターによる圧力波と同時に振動を加えて、患部周辺をほぐすダブル治療を行います。
【 筋緊張緩和 】
【 血液循環の改善 】
【トリガーポイントの治療 】

3ステップの基本治療(3)
圧力波によるポイント刺激

3ステップの基本治療(3)<br>圧力波によるポイント刺激

ベーシックアプリケーター(15mm)によるポイント圧力波で集中的に治療します。
【 疼痛緩和 】

体外衝撃波治療器とショックマスターの違い(1)

体外衝撃波治療器(体外衝撃波疼痛治療装置)は患部となるターゲットの大きさが卵1個分程度の局所集中型で、尿管結石の体内破砕などに使用されます。

体外衝撃波治療器とショックマスターの違い(2)

拡散型圧力波治療器であるショックマスターは、焦点が無く、拡散するため、ターゲットが広範囲に及び、筋・腱の治療に適しています。

本体画面でプロトコルを見ながら治療が可能

本体ディスプレイで、治療別、トリガーポイント別、関連運動別、部位別で治療方法を調べることが可能。

関連商品

  1. フィジオアクティブHV

    バッテリー駆動で持ち運べる、2CH独立ハイボルテージ電気刺激治療器。 国内最小クラスのコンパクト性とハイパワー(peak 300V)を実現。 疼痛の軽減や治癒促進に使用できます。

  2. 体組成計 MC-981A

    業務用マルチ周波数体組成計 MC-980A(プレミアムゴールドメタリック)

  3. 小型IFC治療器 IFCアルファ1

    スーパーテクトロンHX606は、吸引6チャンネルを搭載した理学診療用器具です。豊富な機能と使いやすさを追求し、従来のテクトロンシリーズからさらに進化を遂げました。

  4. 超音波骨折治療器  オステオトロンⅤ

    オステオトロンVタッチパネルを搭載したコンパクト超音波骨折治療器。 2CH独立出力で効率的に骨折治癒を促進。

  5. フィジオ ラジオスティム MH2

    セラピストも、トリートメントを受ける側にも、温熱ケアに求める理想は同じ。その理想を叶える温熱機器こそが、この新たに生まれ変わった「フィジオ ラジオスティムMH2」。今までの3つのプローブに加えて、新たに標準付属として追加された「マジックヒートハンド」と、使いやすさとデザイン性を追求した専用ワゴンがあなたの理想の温熱を叶えます。

  6. 中周波治療器 ネオテクトロンVP6

    中周波治療器 ネオテクトロンVP6

ページ上部へ戻る