超音波骨折治療器  オステオトロンⅤ

オステオトロンV

タッチパネルを搭載したコンパクト超音波骨折治療器。 2CH独立出力で効率的に骨折治癒を促進。

LIPUSによる音圧効果で骨の形成を促進し治療期間を約40%短縮

LIPUS(Low Intensity Pulsed Ultra Sound:低出力パルス超音波)の音圧効果により、骨折部位の骨の形成を促進し、骨癒合期間を約40%短縮できます。
2チャンネル独立出力が可能になったオステオトロンVは、標準装備の1.5MHzのプローブに加え、オプションの750kHzのプローブを使用することで、浅部から深部まで、様々な患部の治療に対応できます。
複数部位の同時治療や患部を挟み込んでも治療も可能なため、多重骨折や難治性骨折などにも、効率的な治療が行えます。

LIPUSによる音圧効果で骨の形成を促進し治療期間を約40%短縮

Bone Growth Stimulator

  • Bone Growth Stimulator
  • Bone Growth Stimulator

カラータッチパネル式で直感操作が可能。

液晶画面を軽くタッチして、治療内容の設定ができます。分かりやすい画面表示で、スムーズな操作が可能です。

2チャンネル独立出力が可能

CH1とCH2をそれぞれ独立して使用することができます。チャンネルごとの個別設定が可能なため、治療の幅が広がります。

充電の手間を軽減

充電はACアダプタを本体に接続するだけです。充電池を外して充電器を使用する必要がありません。1回の充電で約13回※の使用ができます。

※20分間・2CH・超音波プローブ〈M・1.5MHz・平型〉・60mW/cm²で使用した場合
※リチウムイオン充電池は約500回の繰り返し充電が可能です。

関連商品

  1. フィジオアクティブHV

    バッテリー駆動で持ち運べる、2CH独立ハイボルテージ電気刺激治療器。 国内最小クラスのコンパクト性とハイパワー(peak 300V)を実現。 疼痛の軽減や治癒促進に使用できます。

  2. 超音波診断装置 UF-760AG

    超音波画像診断検査装置 超音波画像診断装置 UF-760AG+ PaoLus+ 小さな高性能、PaoLus+誕生

  3. フィジオ ソノ

    浅部・深部・広範囲に、幅広く使える超音波治療器。 1つの超音波プローブで、浅部モード、深部モード、さらに全体を広範囲でカバーできるオルタネートモード発信も可能です。 カラータッチパネルのシンプルな操作、バッテリー搭載で持ち運びもでき、院内からスポーツ現場まで、様々な場所でお使いいただけるコストパフォーマンスに優れた超音波治療器です。

  4. 低周波治療器ATミニ

    フルタイム・セルフケア。あらゆる競技のアスリートをサポートする、小さな1台。

  5. フィジオ ラジオスティム MH2

    セラピストも、トリートメントを受ける側にも、温熱ケアに求める理想は同じ。その理想を叶える温熱機器こそが、この新たに生まれ変わった「フィジオ ラジオスティムMH2」。今までの3つのプローブに加えて、新たに標準付属として追加された「マジックヒートハンド」と、使いやすさとデザイン性を追求した専用ワゴンがあなたの理想の温熱を叶えます。

  6. カイネタイザー[KT-108/KT104]

    先進機能を充実したカイネタイザー KT-108は、同時に複数部位の治療、または同時に多人数の治療に対応する8チャンネル仕様のモデルです。 コンパクトなボディに先進機能を充実したカイネタイザー KT-104(4チャンネル仕様)は、治療方針の説明や容態確認など、患者さまとのコミュニケーションをはかりながらの『寄り添う治療』を提案します。

ページ上部へ戻る